メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「権利幸福嫌いな人に自由湯をば飲ましたい」で始まる…

[PR]

 「権利幸福嫌いな人に自由湯(とう)をば飲ましたい」で始まるオッペケぺー節で知られた明治の演劇人、川上音二郎は1898年の総選挙に立候補し、落選した。有権者が地主や富裕層に限られていた時代。タレント候補第1号の大衆的人気は役立たなかった▲タレント議員の誕生はラジオ、映画など大衆文化が発展し、男女普通選挙が実現した戦後のことだ。大半の家庭にテレビが普及した1968年の参院選では多くのタレント議員が生まれた。ピークは95年4月の統一地方選だ。共に68年参院選当選組の東京・青島幸男、大阪・横山ノック両氏が大方の予想を覆して知事選を制し、「春の乱」と呼ばれた▲大統領制の国ではタレント出身者が政権を握った例もある。クリミアを編入したロシアと対立するウクライナの大統領選では第1回投票でコメディアンのゼレンスキー氏がポロシェンコ大統領を大きくリードし、21日の決選投票に臨む▲映画俳優出身のレーガン元米大統領は戦後最も偉大な大統領と評される。経歴よりも資質が問われることは確かだが、百戦錬磨のプーチン露大統領と渡り合えるのか。時間が限られた中で見極めは難しかろう▲インターネットの影響で選挙情勢が短期間に一変することも増えた。トランプ政権を生んだ米大統領選と同様にウクライナでもSNSなどを通じたロシアの介入が指摘される▲日本も統一地方選から参院選へと選挙の季節に入る。民主主義を支える選挙を取り巻く状況の変化を意識しておきたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

  5. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです