衆院選

大阪12区補選/沖縄3区補選 公明、足並み不安 党中央は自民候補推薦 地元に異論、票分散も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公明党をめぐる衆院2補選の構図
公明党をめぐる衆院2補選の構図

 衆院大阪12区と沖縄3区の補選(9日告示、21日投開票)で、自民党の立候補予定者の推薦を決めた公明党の動向が焦点となっている。大阪12区では公明と協力関係を築いてきた無所属元職に票の一部が流れるとの観測がある。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる沖縄3区では、容認派の自民新人に反対派の公明県本部がどれだけ支援するか不透明さが漂う。共に地元事情が絡み、足並みに不安を抱える。【村尾哲】

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文981文字)

あわせて読みたい