連載

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに取材を続けている伊藤智永編集委員が、政治を「座標軸」に鋭く論じます。

連載一覧

時の在りか

柳行李と皇后バッシング=伊藤智永

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ご結婚の記念撮影=1959年4月10日
ご結婚の記念撮影=1959年4月10日

 天皇陛下は2001年12月、誕生日に際しての記者会見で、次のように述べられた。

 「私が公的立場への自覚を深めたのは18歳で成年式と立太子礼を挙げ、その後、欧米諸国を旅した頃からでありましたが、自分の役割を深く考えるようになったのは結婚を境にしてでありました」

 続けて、家族は大切だが、公人としての立場を自分自身の私的な充実より重んじるべきだとの考えを語り、皇后さまが考えを十分に理解してくれたと感謝した。同じ会見でこんな話もしている。

 「おかしな例ですが、私が『柳行李(やなぎごうり)一つで(来てください)』と皇后に結婚を申し込んだと今も言われていますが、このようなことは私は一言も口にしませんでした」

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1969文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集