メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

柳行李と皇后バッシング=伊藤智永

ご結婚の記念撮影=1959年4月10日

 天皇陛下は2001年12月、誕生日に際しての記者会見で、次のように述べられた。

 「私が公的立場への自覚を深めたのは18歳で成年式と立太子礼を挙げ、その後、欧米諸国を旅した頃からでありましたが、自分の役割を深く考えるようになったのは結婚を境にしてでありました」

 続けて、家族は大切だが、公人としての立場を自分自身の私的な充実より重んじるべきだとの考えを語り、皇后さまが考えを十分に理解してくれたと感謝した。同じ会見でこんな話もしている。

 「おかしな例ですが、私が『柳行李(やなぎごうり)一つで(来てください)』と皇后に結婚を申し込んだと…

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1969文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです