メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

柳行李と皇后バッシング=伊藤智永

ご結婚の記念撮影=1959年4月10日

 天皇陛下は2001年12月、誕生日に際しての記者会見で、次のように述べられた。

 「私が公的立場への自覚を深めたのは18歳で成年式と立太子礼を挙げ、その後、欧米諸国を旅した頃からでありましたが、自分の役割を深く考えるようになったのは結婚を境にしてでありました」

 続けて、家族は大切だが、公人としての立場を自分自身の私的な充実より重んじるべきだとの考えを語り、皇后さまが考えを十分に理解してくれたと感謝した。同じ会見でこんな話もしている。

 「おかしな例ですが、私が『柳行李(やなぎごうり)一つで(来てください)』と皇后に結婚を申し込んだと今も言われていますが、このようなことは私は一言も口にしませんでした」

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです