メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

発足70年外相理事会 NATO、米欧なお亀裂 国防費負担偏り変わらず

トランプ大統領のNATOに関する発言

 【ワシントン高本耕太、ブリュッセル八田浩輔】発足70年を迎えた北大西洋条約機構(NATO)は3~4日にワシントンで開いた外相理事会で、結束に揺らぎがないことを強調し閉幕した。黒海でのロシア軍のウクライナへの挑発を抑止する包括策で合意するなど一定の成果を上げたが、国防費負担を巡りトランプ米大統領が欧州加盟国との間に生んだ亀裂は修復できたとは言い難い。ロシアからの地対空ミサイル購入を巡るトルコと米国との対立も新たな影を落としている。

 「ロシアは軍備増強を続けている。世界はより危険な場所になった」。NATOのストルテンベルグ事務総長…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1243文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです