英国

EU離脱、6月末期限要請 メイ首相「欧州議会選前目指す」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔】英国のメイ首相は5日、欧州連合(EU)のトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)に対し、12日に迫った離脱期限を6月30日まで延期するよう要請した。併せて、英国が欧州議会選(5月23~26日)に参加しないで済むよう、5月22日より前の離脱を目指す意向も明らかにした。

 EUとの「離脱協定」は今年1月以降、3回否決。手詰まり状態で離脱期限が近づく中、メイ氏は今月2日、EUに対し5月22日をめどとする、短期間の離脱期限の延長を要請する意向を表明。併せて最大野党・労働党に対し、対話と協力を呼びかけていた。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文669文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集