メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

持続可能な農業・農村=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 食料・農業・農村基本法が施行されて20年を迎える。今年は同法の下、5回目の基本計画策定の年でもある。基本法では「食料の安定供給の確保」「農業の多面的機能の発揮」「農業の持続的な発展」「農村の振興」という四つの政策理念が打ち出された。

 しかしこの間、食料自給率(カロリーベース)は低迷し、農家数・農業就業人口、農地面積のいずれも減少。農業の多面的機能も後退している。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や日・欧州連合(EU)経済連携協定(EPA)発効によるグローバル化の加速は、農業・農村の持続可能性を脅かすことになる。

 こうした中、筆者は農林水産省の部会で、「山間地域における基盤整備」について高知県北川村の村長の話を…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです