メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

合意めど「4週間」 トランプ氏が言及 進展強調も対立解消困難

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】トランプ米大統領は4日、米中通商協議が合意に至るかどうか「今後4週間程度で分かる」との見通しを示した。最終合意できる段階で中国の習近平国家主席との首脳会談を開催する考えも改めて示した。米中両政府は協議の「進展」を強調したが、首脳会談の日程は未定のままで、対立解消のめどは立っていない。

 トランプ氏は閣僚級協議のため訪米中の中国の劉鶴副首相とホワイトハウスで会談。冒頭で記者団に、通商交…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文771文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです