メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-羽生善治九段 第42局の5

結末が見えない

 [先]4七玉と上がったのが唯一の受け。角筋をかわしつつ、3六の銀にヒモをつけている。後に引けない羽生は、飛車を切って[後]5八角打。さらに[後]3六角成~[後]5八角成と激しく迫った。広瀬は「嫌な筋だが、これなら仕方がない」と言う。

 なお[後]6六飛では[後]5七歩が感想戦で調べられた。[先]同玉は[後]6五歩で後手有利。よって[先]5七同角と応じる。以下[後]5四歩[先]5六金[後]同飛[先]同玉[後]7五歩[先]4七玉[後]8三角[先]5六歩[後]5五歩[先]2八飛(参考図)。角のラインを目いっぱい生かした攻めだが、…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです