メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-羽生善治九段 第42局の5

結末が見えない

 [先]4七玉と上がったのが唯一の受け。角筋をかわしつつ、3六の銀にヒモをつけている。後に引けない羽生は、飛車を切って[後]5八角打。さらに[後]3六角成~[後]5八角成と激しく迫った。広瀬は「嫌な筋だが、これなら仕方がない」と言う。

 なお[後]6六飛では[後]5七歩が感想戦で調べられた。[先]同玉は[後]6五歩で後手有利。よって[先]5七同角と応じる。以下[後]5四歩[先]5六金[後]同飛[先]同玉[後]7五歩[先]4七玉[後]8三角[先]5六歩[後]5五歩[先]2八飛(参考図)。角のラインを目いっぱい生かした攻めだが、…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです