特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

人工クレーター作り成功 太陽系探査に前進 分析重ね「G難度」クリア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見を終え、実験成功を示す画像とともに笑顔でポーズをとるJAXA宇宙研究所の津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(中央右)ら=相模原市中央区で2019年4月5日午後5時40分、長谷川直亮撮影
記者会見を終え、実験成功を示す画像とともに笑顔でポーズをとるJAXA宇宙研究所の津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(中央右)ら=相模原市中央区で2019年4月5日午後5時40分、長谷川直亮撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が5日、小惑星リュウグウに人工クレーターを作る実験を成功させた。はやぶさ2の任務で最難関とされる運用を乗り越え、日本の太陽系探査に大きな一歩を記した。JAXAは今後、形成されたとみられるクレーターを詳細に観測し、太陽系の惑星や小惑星が誕生した経緯を知る手がかりにしたい考えだ。【池田知広】

 「本日、私たちは宇宙探査の新しい手段を確立しました」。成功を確認した後の記者会見で、ミッションを率いる津田雄一プロジェクトマネジャーは誇らしげに切り出した。上空で衝突装置を爆発させ、銅の塊をリュウグウの表面にぶつけた今回の実験は、世界でも前例のない任務だった。

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2088文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集