メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
3・11それから

’19春/下 福島・南相馬 孫に娘、笑顔あふれ 新たな命、元気の源

災害公営住宅でくつろぐ村田京子さんとひ孫の奏音ちゃん=福島県南相馬市で、最上和喜撮影

 「奏音(かのん)さーん」。村田京子さん(76)が呼び掛けると、女の子が「はあい!」と元気な声で手を挙げる。「保育所でも返事が良いって、ほめられているんだから」。京子さんは笑顔のひ孫に目を細めた。

 8年前のあの日、息子夫婦と孫娘を一度に亡くした京子さんは、独り残された孫の謙さん(25)と福島県南相馬市の災害公営住宅で身を寄せ合い暮らしてきた。謙さんは一昨年、結婚を機に転居し、その年の10月に長女奏音ちゃんを授かった。自動車整備工として働く謙さんは、週に何度か妻や奏音ちゃんと京子さんの元を訪れる。「奏音が来るとにぎやかだね」。京子さんは一家の顔を見るのが何よりの楽しみだ。

 東日本大震災が起きた2011年の夏、京子さんは謙さんと仮設住宅に入ったが、謙さんが翌年に高校を卒業…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1385文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです