メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リモートワーク最前線

北国で成長した娘たち 子連れで実感したテレワークの醍醐味

真っ青なオホーツク海をたゆたう流氷=北海道斜里町で2019年3月30日午前11時、今村茜撮影

 娘2人の春休みにあわせた北海道・知床での子連れワーケーションも終盤。3月29日にはこの時期には珍しく海に流氷が戻り、北国テレワークの醍醐味(だいごみ)を実感した。親戚のように仲良くなった地元の人々に見送られ、31日に女満別空港をたった。【今村茜】

 朝、知床半島の玄関口・ウトロのホテルで目覚める。娘たちが連日通った児童館は遠くなり、この日は漁師の赤木秀樹さんが自宅で娘たちを預かってくれることに。

 定置網漁師の赤木さんは、冬の間はオホーツク海が流氷で覆われるため漁を休む。流氷のシーズンは1~3月中旬。そろそろ「海明け」と呼ばれる船が航行できる時期で、4月1日からはホッケなどを取る「春網」の準備をするという。

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2019文字)

今村茜

1982年生まれ、鹿児島県出身。高校時代を米国で過ごし、2006年筑波大学卒業、毎日新聞社入社。福島支局や世論調査室を経て、17年から経済部でIT系や流通・商社などの民間企業を担当。19年5月から現職。主な関心はビジネス、働き方、テクノロジー&データ、子育て。2児の母です。日々テレワークのノマドワーカー。子連れワーケーション推進中。和菓子と着物好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです