メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IoTで商機のがさずパンを補充「焼くッチャ君」 ベンチャーが実証実験

クラウン製パンの松岡寛樹常務(左端)と、焼くッチャ君を設置したビビンコの青野正道取締役、岩崎光幸取締役、井上研一社長(右から)=北九州市小倉北区のクラウン製パン京町店で2019年3月8日10時20分、山本泰久撮影

 あらゆる機器をネットワークにつなぐIoT(モノのインターネット)の技術を使い、ベーカリーショップにパンを追加補充するタイミングなどをスマートフォンに発信するシステム「焼くッチャ君」を、ソフトウエア設計を手がけるベンチャー企業「ビビンコ」(北九州市小倉北区)が開発した。同区の老舗パン製造会社「クラウン製パン」の協力で実証実験を続けており、早期の事業化を目指している。

 焼くッチャ君は、計量器とIoTを合体。パンを置くトレー下部に計量器を設置し、パンの総重量を1グラム…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです