メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ブラジルのトランプ」、極右ボルソナロ大統領 イスラエルに急接近 SNSで過激なメッセージも

ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪れたブラジルのボルソナロ大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相=イスラエル・エルサレムで1日、AP

 【サンパウロ山本太一、エルサレム高橋宗男】南米ブラジルの極右、ボルソナロ大統領が米国とイスラエルを相次いで訪問し、トップ外交を活発化させている。両国と距離を取っていた過去の左派政権の方針を転換し、貿易や安全保障分野で連携強化を確認した。大統領選でボルソナロ氏を支持した宗教保守派らにアピールする狙いとみられるが、外交方針の急旋回には反発もあり現実的な対応を余儀なくされている。

 ボルソナロ氏は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用し過激なメッセージを発信する…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです