メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ブラジルのトランプ」、極右ボルソナロ大統領 イスラエルに急接近 SNSで過激なメッセージも

ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪れたブラジルのボルソナロ大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相=イスラエル・エルサレムで1日、AP

 【サンパウロ山本太一、エルサレム高橋宗男】南米ブラジルの極右、ボルソナロ大統領が米国とイスラエルを相次いで訪問し、トップ外交を活発化させている。両国と距離を取っていた過去の左派政権の方針を転換し、貿易や安全保障分野で連携強化を確認した。大統領選でボルソナロ氏を支持した宗教保守派らにアピールする狙いとみられるが、外交方針の急旋回には反発もあり現実的な対応を余儀なくされている。

 ボルソナロ氏は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用し過激なメッセージを発信する…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです