メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初

週明け以降もテレビ会議で継続 米中閣僚級協議「重要な作業残る」

 【ワシントン中井正裕】米中両政府は5日、貿易戦争の収束に向けてワシントンで開いた3日間の閣僚級通商協議を終えた。米ホワイトハウスは「建設的な協議で多くの課題が進展したが、重要な作業が残っている」との声明を発表。両政府はトランプ大統領が「4週間後」をめどとした合意に向け、週明け以降もテレビ会議で協議を継続する。

     声明は、今回の閣僚級協議で、中国による知的財産権侵害や技術移転の強要の是正策のほか、規制など非関税障壁、農業とサービス貿易、中国の米産品購入拡大、中国が合意を順守しているか検証する枠組みについて協議したと明らかにした。

     今後の焦点の一つは、互いに発動した追加関税の扱いだ。米国は中国が合意を順守するか確認しながら段階的に削減したい考えだが、中国は合意後に全て即時撤廃するよう求めており、両政府の対立が続いている。

     トランプ氏は4日、中国交渉団を率いた劉鶴副首相と関税問題を直接協議。5日にはホワイトハウスで記者団に「合意できるかどうか予断を持たないが、我々は難題についてうまく交渉できた」と述べ、一定の前進があったことをうかがわせた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
    2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
    5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです