メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きんさんぎんさんが植樹した桜は今

最後にそろって107歳の誕生日を迎えた成田きんさん(左)と蟹江ぎんさん=札幌市で1999年8月1日、石井諭撮影

 名古屋市の長寿双子姉妹、成田きんさん(享年107)と蟹江ぎんさん(同108)が生前植樹した「きんさん桜・ぎんさん桜」が今、平成時代を見送るかのように同市内で花の雨を降らせている。「人生100年時代」の令和の春へ、長寿の喜びを伝える桜として受け継がれる。

 姉妹は1892(明治25)年8月1日、現在の同市緑区に生まれた。1991(平成3)年、数え100歳で市長と愛知県知事から長寿のお祝いを受けたのを機に「きんは100歳、ぎんも100歳」のテレビCMで一躍注目の姉妹となった。

 翌年、新語・流行語大賞で年間大賞に。長寿が縁で、岐阜県本巣市に咲く樹齢1500年の淡墨(うすずみ)…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです