メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忍者も使った成分配合、伊賀の高校生、美容クリーム開発に参加

手にしたピアニンをPRするあけぼの学園高生ら=三重県伊賀市役所で2019年3月27日11時23分、大西康裕撮影

 三重県立あけぼの学園高(伊賀市川東)で美容師を目指す生徒らのクラブ「ビューティクリエイト部」が開発に協力したオールインワンジェル(美容クリーム)「peonin(ピアニン)」が完成し、販売が始まった。製品に配合したシャクヤクの英語(peony)と、シャクヤクを薬に使ったとされる忍者をかけて商品名にした。

 美容メーカーに協力して開発した製品の第3弾。今回は津市の「ビケント」と組み、約1年間かけて商品化し…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文564文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです