メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住宅ローン減免、西日本豪雨被災地で初成立 岡山

自然災害債務整理ガイドラインを用いた住宅ローン減免が成立し、記者会見する女性(右)=岡山市北区南方1の岡山弁護士会館で2019年4月5日午後2時27分、林田奈々撮影

 昨年7月の西日本豪雨で、岡山弁護士会は5日、「自然災害債務整理ガイドライン」を用いた被災者の住宅ローン減免が成立したと発表した。岡山弁護士会によると、今回の豪雨被災地では初めて。第1号となった女性(46)は岡山市内で記者会見し、「ローンに困っている人はぜひ利用して」と呼び掛けた。【林田奈々】

 ガイドラインは、災害でローンの返済が難しくなった人のため、破産せずに債務を減免できる制度。任意の手続きのため、金融機関の同意が必要になる。2015年9月に策定された。

 女性は、倉敷市真備町辻田で大学生の長男(21)と2人暮らしをしていた。平屋建ての自宅は5年前に新築…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです