メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帰還困難区域「夜の森」初の花見バス 住民9年ぶり観賞 富岡

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が大半で解除された福島県富岡町で6日、春の風物詩「桜まつり」が開催された。今年は2キロ以上続く桜並木のうち、立ち入りが原則禁じられた「帰還困難区域」に立ち入りできるよう、町が国と協議して花見バスを用意。町民らは9年ぶりの光景を懐かしみながら古里の復興を願っていた。

 桜並木のある「夜の森地区」は県内屈指の桜の名所。420本の桜が約2.2キロ続き、原発事故前は祭りが開催…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです