メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

父からの性的虐待 被害女性が実名で相談応じる 「体験者同士で話すと心が軽くなる」

「事実を伝えたい」と実名で被害体験を語る宮本ゆかりさん=東京都品川区で2018年2月、上東麻子撮影

 児童虐待が過去最多を更新するなか、幼少期に実父から性的虐待を受け、トラウマ(心的外傷)に苦しんだ高松市の美容師、宮本ゆかりさん(48)が実名で同じ体験をした人の相談に応じている。当事者が実名を出すのはまれ。相談メールは月に数件だが、内容はどれも深刻だ。自殺を考え続けた思春期、だれにも悩みを言えなかった。だから大人になった自分が伝えたい。「クソ親で最低な子ども時代だったけど、あなたの本当の人生はこれからだよ」と。

 実父は大企業の社員。言うことを聞かないと暴力をふるった。専業主婦の母は父の言いなり。幼少期から体を…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文999文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです