メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン前会長「報奨金」装い資金還流か オマーン販売代理店幹部、周囲に「私が触れない金」

再逮捕前日の夜、弁護士事務所を出て車に乗るカルロス・ゴーン前会長=東京都千代田区で2019年4月3日午後7時15分、佐々木順一撮影

 日産自動車の資金5億円超を自身に還流させたとして前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)が会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕された事件で、日産側から送金を受けたオマーンの販売代理店の幹部が「もらった報奨金は私が触れない金だ」と周囲に話していたことが関係者への取材で判明した。東京地検特捜部は、ゴーン前会長が報奨金を装って資金をオマーン側に不正送金していたとみている模様だ。

 ゴーン前会長は2015年12月~18年7月、日産子会社の中東日産からオマーンの販売代理店「SBA」に計1500万ドル(約16億8900万円)を支出させ、うち計500万ドル(約5億6300万円)をSBAから自身が実質所有するレバノンの投資会社「GFI」に移し、日産に損害を与えたとして逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです