メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電原発事故後“中ぶらり”の山口・上関原発 二井元知事「国は改めて知事の同意を求めるべきだ」

上関原発の原子炉設置許可前に新たな知事同意が必要だと訴える二井関成・元山口県知事=山口市で2019年2月13日、松田栄二郎撮影

 中国電力(広島市)の上関(かみのせき)原発(山口県上関町)建設計画は、8日で準備工事開始から10年を迎える。原子炉設置許可を申請している国内唯一の新設計画だが、地元の根強い反対運動や2011年の東京電力福島第1原発事故の影響で工事中断が続く。山口県知事として01年に計画に同意した二井関成(にい・せきなり)氏(76)が毎日新聞のインタビューに応じ、「原発事故で安全確保の大前提が崩れた。国は再稼働と同じく、設置許可を出す前に改めて知事の同意を求めるべきだ」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1329文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです