京大「変人講座」が本に 「『ちょっと変』が許されない息苦しさ」から発案、人気広がり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「愛される変人はぎりぎり許される」と話すタレントの越前屋俵太さん(右)と酒井敏教授=京都市左京区の京都大で2019年3月28日午後4時49分、菅沼舞撮影
「愛される変人はぎりぎり許される」と話すタレントの越前屋俵太さん(右)と酒井敏教授=京都市左京区の京都大で2019年3月28日午後4時49分、菅沼舞撮影

 自由な学風で知られる京都大で、一風変わった個性的な研究者や学生を「変人」として紹介する講座が2年前から続き人気を呼んでいる。中心となる教員らが、講義の内容をまとめ、今月17日に「京大変人講座」(三笠書房、1728円)を出版する。

 講座を企画したのは、大学院人間・環境学研究科の酒井敏教授(地球物理学)。「本人は自分の事を変人と思わず、いたって真面目。でも、周囲から見るとちょっと変。生物の進化と同じで、微妙な変化の積み重ねが、ぶっ飛んだ進化につながる。そうした『ちょっと変』はとても重要」。「変人」に着目する意義をこう語る。

 近年は学内でもコンプライアンス(法令順守)が厳しくなり、大学の法人化により、合理化が進行。酒井さんは「『ちょっと変』が許されない息苦しさ」を痛感し、「最近の京大生がおとなしくなって自己規制をかけている」ことにも危機感を抱いたという。私大などで教員を務めるタレントの越前屋俵太さん(57)にナビゲーターを依頼し、2017年に有志で講座を開始。じわじわ人気が広がり、最近は毎回300人ほどが集まる盛況ぶ…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文783文字)

あわせて読みたい

ニュース特集