広島、4本塁打で連敗止める 阪神投手陣の制球甘く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○広島10―3阪神●(6日・マツダスタジアム)

 広島が4本塁打で連敗を2で止めた。1点先行の三回に鈴木の2ランで加点。五回に松山の2ランと会沢のソロ、六回に再び鈴木が3ランを放った。床田は球威があり新人だった2017年4月以来の勝利。阪神は投手陣の制球が甘かった。

 広島・緒方監督 床田は序盤は球が高かっ…

この記事は有料記事です。

残り48文字(全文201文字)

あわせて読みたい

注目の特集