メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

政治 新元号は「令和」 みんなで新時代を作ろう

新元号「令和」の文字が入った缶バッジを手に笑顔の子どもたち=京都市東山区の漢字ミュージアムで2019年4月1日午後0時57分、川平愛撮影

[PR]

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 あたらしい元号げんごうが「令和れいわ」にまりました。いま平成へいせいから実際じっさいわるのは5がつついたちから。安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじん首相しゅしょう)は「ひろ国民こくみんれられ、日本人にっぽんじん生活せいかつふかざしていくことをねがっている」とかたっています。

     昭和しょうわわり、平成へいせいになったのは、みなさんがまだまれていない1989ねんがつでした。新元号しんげんごう発表はっぴょう昭和しょうわ天皇てんのうくなられた直後ちょくご。このため、おもたい空気くうきなかでの発表はっぴょうだったことをおもします。

     今回こんかいってわって、おいわいムードにつつまれているようです。いま天皇陛下てんのうへいかが、お元気げんきなうちに退位たいいするという方式ほうしきは、やはりとてもいい判断はんだんだったと、わたしあらためておもっています。

     令和れいわの2文字もじ出典しゅってん万葉集まんようしゅうからだそうです。ふる中国ちゅうごくふる文書ぶんしょからではなく、日本にっぽん古文こぶんから引用いんようするのははじめてで、これは安倍首相あべしゅしょうがとてもこだわったてんだったそうです。首相しゅしょう記者会見きしゃかいけんで、万葉集まんようしゅう日本にっぽん歴史れきし文化ぶんか四季しきうつくしい自然しぜん象徴しょうちょうしていると説明せつめいしています。

     各界かくかい代表者だいひょうしゃらの意見いけんいたうえで閣議かくぎ決定けっていしたものですが、「保守的ほしゅてき」とわれてきた安倍首相あべしゅしょうのカラーがつよている新元号しんげんごうだとっていいのではないでしょうか。

     ただし、元号げんごうわれば、日本にっぽん社会しゃかいそのものがただちにわるというものではありませんよね。

     首相しゅしょうは「一人ひとり一人ひとり日本人にっぽんじんが、明日あすへの希望きぼうとともに、それぞれのはなおおきくかす」というねがいをめたともかたりました。

     そのねがいがかなうかどうかは、まさに政治せいじ役割やくわりです。そしてわたしたち国民こくみん一人ひとり一人ひとり政治家せいじかにおまかせしているだけではいけないとおもうのです。

     わかいみなさんには、これからますます大変たいへん時代じだいっているかもしれません。でも時代じだいのページをめくっていくのはわたしたちなのです。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    2. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

    3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

    4. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

    5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです