メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

「大熊の今」避難者語る さいたまでイベント /埼玉

 震災から8年がたった福島県大熊町や楢葉町の現状を語ろうと、東京電力福島第1原発事故で両町から避難している避難者らのトークイベント「あれから8年 町はいま」がこのほど、さいたま市中央区の県男女共同参画推進センターで行われた。避難者ら女性4人が登壇し、約35人が耳を傾けた。

 大熊町から春日部市に避難している渡部まゆみさん(62)は、原発事故に伴う除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設内に自宅があり、昨年に解体した。大熊町は今年4月10日に一部地域の避難指示が解除されるが、…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです