メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

 ■永井幸子フルートリサイタル《現代のコンサート12》

     20日15時、銀座王子ホール(中央区・銀座駅)。フルート=永井幸子、ピアノ=伊藤英、パーカッション=佐竹尚史。フルート奏者の永井幸子の自主企画公演。ロマン派から現代作品まで幅広く演奏する。曲目はストラビンスキーのバレエ音楽「プルチネルラ」より「イタリア組曲」ほか。全席自由・一般4000円。学生3000円。042・662・6203

     ■~0歳からシニアまで楽しめる~トリオベールファミリーコンサート

     21日11時/13時半、江東区総合区民センター2階レクホール(江東区・地下鉄西大島駅)。演奏=トリオベール=写真(バイオリン=竹添みどり、村原実穂子、ピアノ=明和史佳)。0歳から入場可能。バイオリン2人とピアノ1人のトリオ編成でクラシックの名曲やアニメ、映画音楽などを演奏する。曲目はチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」より「花のワルツ」、メンデルスゾーン「歌の翼に」ほか。全席自由・大人1000円、小学生以下500円。2歳以下は保護者の膝上鑑賞なら無料。03・3637・2261

     ■オルガン・プロムナード・コンサートvol・370

     26日12時20分、神奈川県民ホール小ホール(横浜市中区・日本大通り駅)。ランチタイムに気軽に楽しめるパイプオルガンコンサート。昨年8月のオーディションに合格したオルガニスト、内田光音が出演する。曲目はバッハ「幻想曲とフーガ」、近藤譲「ノヴィタス・ムンディ~オルガンのための~」ほか。入場無料(全席自由・定員400人)。未就学児入場不可。045・633・3798

     ■吉田光三ギター合奏団 定期コンサート61

     5月2日13時半、大泉学園ゆめりあホール(練馬区・西武大泉学園駅)。スペインで演奏技術を磨いたクラシックギター演奏家、吉田光三が主宰する同合奏団の定演。3部構成で第1部は19世紀に製作されたギターでバッハ「コラール」ほか四重奏を披露する。第2部は独奏、3部では合奏でケテルビー「ペルシャの市場にて」、タレガ「アルハンブラの想い出」ほかを演奏する。全席自由3000円。03・3921・3027

    プレゼント

     ■野呂愛美コンサート~輝きの瞬間(とき)、はじまりはクラシック~

     29日15時、杜のホールはしもとホール(相模原市緑区・橋本駅)。クラシック歌曲やゴスペルソングなどを歌う野呂愛美のソロコンサート。イタリアンポップス、フレンチポップスにも挑戦する。曲目は「砂に消えた涙」「夢見る想い」ほか。全席自由・前売り大人3500円、高校生以下1500円。当日は各席500円増し▼5組10人を招待 往復はがきに郵便番号、住所、代表者氏名、年齢、電話番号を明記し、〒226-0027横浜市緑区長津田4の17の13の105上條制作室内「野呂愛美コンサート」プレゼント毎日係。15日必着。提供元が抽選、発送。個人情報は賞品発送のみに利用。落選者にも優待案内あり。045・983・0081

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
    2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
    3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
    4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです