メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-羽生善治九段 第42局の6

羽生、7勝2敗で終了

 互いに玉をめがけての攻め合い。混沌(こんとん)とした終盤戦の中、広瀬が静かな手つきで[先]8一飛と打ち下ろした。問題はこの手が詰めろかどうかだ。

 羽生が懸命に自玉の詰み筋を読んでいる。無意識に何度も前髪をかき上げた。筆者も自分なりに読んだ。拙い読みだが、詰まないと思った。しかし天下の竜王が[先]8一飛と打ったのだ--。

 羽生も疑心暗鬼になったかもしれない。それから18分後、意を決したように[後]2九馬(終了図)と飛車…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです