メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/59 キャラクター広報でしいたけ販売 新野哲朗さん /四国

キャラクターを使ってしいたけ販売の販路を広げる新野木材社長の新野哲朗さん=徳島県阿南市新野町で、松山文音撮影

宣伝は「お任せ致し候」 新野哲朗(しんの・てつろう)さん(65)

 肉厚でぬめりがない菌床しいたけの自社ブランド「しいたけ侍」。生産する新野木材(徳島県阿南市)は「拙者はしいたけ侍と申す。煮るなり焼くなりお任せ致し候」のフレーズと侍のキャラクターで販路を広げる。新野哲朗社長(65)は「景気や外国産の流通に泣かされたが、キャラクターの認知度が上がると販売も伸びた」と広報戦略に自信を見せる。

 1950年の創業当時は紙の原料となる木材チップの製造会社。86年、県内のしいたけ業者が次々に木材チ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです