メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化庁

日本語習熟度で指標策定へ 外国人材受け入れ整備

 文化庁は、改正入管法施行で外国人労働者の受け入れが拡大するとして、日本語の習熟度を段階別に示す指標をつくる方針を決めた。日本語能力を測る試験は民間を含め複数存在するが、現在はそれぞれの成績に対する共通した指標がないため、企業や大学がレベルを比較できない状況にある。近く文化審議会に諮り、段階別に求められる能力など詳細を検討する。

 政府が進める外国人労働者の受け入れ環境整備の一環で、指標は語学力の国際指標「CEFR(セファール)…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1338文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです