メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ベルギー サッカー代表の父(その1) アフリカ難民、首長に

区長就任の宣誓式を終えて孫や親族、知人たちに囲まれるピエールさん(中央)=ブリュッセルで2018年11月29日(ピエールさん提供)

 歴史的な瞬間だった。昨年11月29日、ブリュッセル首都圏の新しい首長たちが顔をそろえた宣誓式で、ピエール・コンパニーさん(71)は右手を挙げ、前を見据えながら法の順守を誓った。欧州の小国ベルギーに初めてアフリカ系の首長が誕生した。

 「正式な書類もないままベルギーに来て、一生懸命に働いて子供たちを育てました。簡単な道のりではなかった」。ピエールさんは27歳のころ、アフリカ中部コンゴ(現コンゴ民主共和国、当時はザイール)の独裁政権から逃れ、ベルギーの地を踏んだ。

 コンパニー。ベルギーでその名を聞けば、多くの人はまず1人の男性を思い浮かべる。日本代表との死闘も記…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです