メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

摩擦生む外交、方針急旋回でアラブと溝 大統領、米など訪問

ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪れたブラジルのボルソナロ大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相=イスラエル・エルサレムで1日、AP

 【サンパウロ山本太一、エルサレム高橋宗男】南米ブラジルの極右、ボルソナロ大統領が米国とイスラエルを相次いで訪問し、トップ外交を活発化させている。両国と距離を取っていた過去の左派政権の方針を転換し、貿易や安全保障分野で連携強化を確認した。大統領選でボルソナロ氏を支持した宗教保守派らにアピールする狙いとみられるが、外交方針の急旋回には反発もあり現実的な対応を余儀なくされている。

 ボルソナロ氏は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用し過激なメッセージを発信する…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1262文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです