連載

けいざい・因数分解

記事に登場するさまざまな数字を読み解きます。

連載一覧

けいざい・因数分解

5万5979店 コンビニ店舗数 人手不足、「24時間」岐路

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コンビニ店舗数と売上高の推移
コンビニ店舗数と売上高の推移

 大手コンビニエンスストア7社の2月末時点の国内店舗数は前年同月比1・1%増の5万5979店。3月末時点の店舗数は1988年から昨年(5万7956店)まで30年連続で増えた。「飽和状態」と言われながらも拡大路線を続けるコンビニだが、人口減少に伴う人手不足から、看板の「24時間営業」は岐路に立っている。

 日本のコンビニ1号店は、大手スーパーのイトーヨーカ堂が1974年5月、東京都江東区に開業したセブン-イレブン。翌年にローソンが発足、81年に西友ストアー(現西友)からファミリーマートが独立した。この3社で全国の店舗数の9割を占める。

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1497文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集