メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

継母の虐待忘れられず=回答者・高橋源一郎

 私が3歳の時に継母が来て、14歳まで虐待されました。父の留守中に虐待を受けたので父は何も知りませんでした。毎日がつらく悲しく小学校3年生の時に自殺未遂もしました。現在も継母は健在です。しかし一度も謝ってくれたことはありません。この年齢になってもつらい過去を忘れられずにいます。ひねくれた暗い性格で自分が嫌になります。これからの人生を前向きになれるよう、アドバイスをお願いします。(62歳・女性)

 若い頃、わたしはひどいギャンブル依存症で、生活は破綻していました。信じられないかもしれませんが、そもそもわたしは人と話すのが苦手です。作家になったのも、人と会わないですむと思ったから。おまけに、なにごとにも行き当たりばったりで、計画性はまったくありません。あまりにもだらしない自分の性格に心の底からうんざりします。直そうと努力しました。ほんとに。でも、ダメだったのです。情けないことですが。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです