メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29』=ジェイ・ルービン編、村上春樹・序文

 (新潮社・3888円)

「福袋」のような予期せぬ発見

 アメリカの日本文学者、ジェイ・ルービンが編纂(へんさん)した近現代日本小説選集である。もともと英語圏読者のためにペンギン・ブックスの一冊として英訳で出版されたものだが、それが言わば「里帰り」して日本版が出ることになった。

 この本のために、村上春樹が長い序文を書いている。彼は日本の近代・現代文学については詳しくないと謙虚に断ってはいるが、優れた作家ならではの緻密な読解が随所に光る。例えば、若い軍人の切腹をエロスと一体化させて描いた三島由紀夫の「憂国」について、「ひとつの想念の徹底した純化」は文学として評価できても、「想念を行為として純化させる」(つまり作家自身がハラキリをする)のは別のことだ、と言う。吉本ばななの独自性については、「文学とはこういうものだ--というような旧来の決めつけは、彼女の小説にはまったく無縁」だと評し、芥川龍之介の作風については、一貫して「暗闇の中に浮かぶ明かりの、短く儚(はかな)い美しさのようなもの」が見受けられるという印象的な比喩で説明する。

 序文はさておき、肝心のアンソロジーの中身はどうか? 大づかみに言えば、古くは国木田独歩の古典的名作…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです