メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『仮面の道』=クロード・レヴィ=ストロース著、山口昌男、渡辺守章、渡辺公三・訳

 (ちくま学芸文庫・1512円)

歴史と神話解析の基本図書

 私の本棚には今でも新潮社の「創造の小径」のシリーズのしゃれた箱入りのクロード・レヴィ=ストロースの『仮面の道』がロラン・バルトの『表徴の帝国』と並んでいる。一九七七年刊。レヴィ=ストロースはフランスの文化人類学者で、本書の翻訳者の一人渡辺守章が、バルト、フーコー、ラカンとともに構造主義「四天王」と呼んだ人である。

 レヴィ=ストロースは、アメリカ北西部に住むインディアンの諸部族に伝わる、奇怪な様相の仮面をその地方…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1462文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです