メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『わたしが「軽さ」を取り戻すまで “シャルリ・エブド”を生き残って』=カトリーヌ・ムリス著

 ◆カトリーヌ・ムリス著、大西愛子訳

 (花伝社・1944円)

心の傷は美によって修復されるか

 二〇一五年の一月七日、パリにある週刊紙「シャルリ・エブド」の編集部に二人の男が押し入り、そこにいた十二人を殺した。

 この本の著者であるカトリーヌ・ムリスは風刺漫画を主軸とするこの週刊紙のスタッフの一人だったが、たまたま失恋の苦悩で寝床を離れられず、遅刻して虐殺の時には編集部にいなかった。

 これは同僚を失った彼女が心の傷から回復してゆく過程の物語である。治癒の旅路の記録。当然ながら彼女の…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです