メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校選抜ラグビー

桐蔭学園と御所実、きょう決勝

【桐蔭学園-京都成章】後半、桐蔭学園のフランカー久松がSO伊藤のキックを押さえてトライ=埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で2019年4月6日、長宗拓弥撮影

 第20回全国高校選抜ラグビー大会(毎日新聞社後援)は第6日の6日、埼玉・熊谷ラグビー場で準決勝2試合が行われ、桐蔭学園(神奈川)が京都成章に21-20で逆転勝ちし、4年連続の決勝進出を決めた。御所実は天理との奈良県勢対決を22-21で制し、第9回大会以来の決勝に進出した。

 桐蔭学園は6点を追う試合終了間際にトライを決め、その後のゴールキックで決勝点を挙げた。御所実は後半に11点のリードを許したが、立て続けに2トライを奪って逆転した。

 決勝は7日午前11時から行われ、桐蔭学園は史上2校目の3連覇、御所実は初優勝を目指す。

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1339文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです