メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

大阪府知事選/大阪市長選 ダブル選、きょう投開票 都構想、舌戦尽くし 有権者、大阪の未来託す

街頭演説で最後の訴えをする大阪府知事候補の(右)小西禎一氏=大阪市北区で2019年4月6日午後7時31分、山崎一輝撮影、(左)吉村洋文氏=大阪市中央区で同7時26分、加古信志撮影

 大阪府知事・大阪市長のダブル選(7日投開票)は6日、選挙戦最終日を迎えた。4人の知事、市長候補は街頭で「最後の訴え」に臨み、マイクを握る最後の場となった梅田や難波の駅前には、聴衆らの人垣ができた。各陣営は、有権者による最後の審判を待つばかりとなった。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです