メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

大阪府知事選/大阪市長選 ダブル選、きょう投開票 都構想、舌戦尽くし 有権者、大阪の未来託す

街頭演説で最後の訴えをする大阪府知事候補の(右)小西禎一氏=大阪市北区で2019年4月6日午後7時31分、山崎一輝撮影、(左)吉村洋文氏=大阪市中央区で同7時26分、加古信志撮影

 大阪府知事・大阪市長のダブル選(7日投開票)は6日、選挙戦最終日を迎えた。4人の知事、市長候補は街頭で「最後の訴え」に臨み、マイクを握る最後の場となった梅田や難波の駅前には、聴衆らの人垣ができた。各陣営は、有権者による最後の審判を待つばかりとなった。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文990文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです