メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水中遺跡

調査、悩み多く 自治体担当者が研究集会 福岡・相島と長崎・鷹島、事例に学ぶ

 <日曜カルチャー>

 水中遺跡の調査と保護の課題を探る研究集会が2月28日、福岡県大野城市内であった。長崎県松浦市の鷹島沖の海底遺跡が13世紀の元寇の沈没船確認で注目されるなど、水中遺跡に対する関心が高まっている。しかし、遺跡を抱える自治体にとって課題は山積み。集会では担当者からの悩みの声も挙がった。【大森顕浩】

 文化庁は現在、自治体を対象とした水中遺跡の発掘調査の手引き作成を進めている。今回の集会は、陸上とは…

この記事は有料記事です。

残り2061文字(全文2268文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです