メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

生誕250年、ベートーベンがテーマ

 <日曜カルチャー>

 第21回別府アルゲリッチ音楽祭が5月12日~6月2日、大分県別府市や大分市などで開かれる。来年がベートーベン生誕250年であることから、「悠久の真実~ベートーヴェン」をテーマに掲げ、総監督のマルタ・アルゲリッチ(ピアノ)のコンサートなど10企画を予定している。

 5月12日の開幕を飾るのは「大分県出身若手演奏家コンサート」。全日本学生音楽コンクール北九州大会の審査員から推薦された鶴原壮一郎(ピアノ)が演奏する。

 アルゲリッチは5月18日に登場。シャルル・デュトワの指揮で、ミッシャ・マイスキー(チェロ)、東京音…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文685文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです