メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

喜劇「雪まろげ」

高畑淳子「博多座を熱く」 野心抱き

 <日曜カルチャー>

 高畑淳子が喜劇「雪まろげ」(田村孝裕脚本・演出)で24~29日、博多座に初登場する。「評判の高い劇場を熱くしたい。全員総立ちのお客さんから拍手をもらう野心を抱いています」と話す。

 「放浪記」「おもろい女」と共に、名優・森光子(1920~2012年)の代表作に挙げられる作品。1980年に東京で初演され、森にとっては86歳で務めた2007年の博多座の舞台が最後となった。高畑は16年の復活上演以来、主演を務めている。

 森とは舞台「本郷菊富士ホテル」や「放浪記」で共演した仲。「生き神様みたいで、後光が差していた」と振…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです