メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

環境をめぐる世代間論理

 「令和」の時代を展望する議論が盛んだが、「環境」はキーワードの一つになるだろう。何を今さらと言われそうだ。公害の多発などにより1960年代から深刻化した環境問題には「昭和」のイメージさえある。そして温暖化などの地球環境問題は「平成」を通じ、ホットな議題だった。しかし、刊行中の「加藤尚武著作集」(全15巻、未来社)の第7巻『環境倫理学』を読み、環境はこれからが正念場のテーマだと痛感した。加藤さんは生命倫理や環境倫理の研究を主導してきた哲学者で、鳥取環境大の初代学長も務めた。

 この本は世界情勢の転変を如実に映し出す。収録された『環境倫理学のすすめ』が出たのは東西冷戦が終結したばかりの91年。「地球環境をどうやって破壊から救うか」が「世界の基本問題」として浮上した背景に、イデオロギー対立の終わりがあった。続編の『新・環境倫理学のすすめ』(2005年)は、温室効果ガス削減を先進国に義務づけた京都議定書(97年採択)の発効直後、国際的な認識が深まるとともに解決の困難さが明ら…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです