メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

世界遺産目指す百舌鳥・古市古墳群 遺物が語る朝鮮との交流 若手研究者3氏講演会

百舌鳥古墳群の副葬品などから見えてくる5世紀の国際交流について語る研究者ら=堺市北区で

 世界文化遺産登録を目指している大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」。5月上旬には正式決定に大きく影響する「勧告」が出る見込みで、地元では「いよいよ」と期待が高まっている。百舌鳥古墳群の地元・堺市では2月、築造された5世紀ごろの国際交流を考える講演会が開かれ、若手研究者が古墳の副葬品などから分かる朝鮮半島との関わりについて語り合った。

 5世紀ごろの朝鮮半島は情勢が不安定で、日本と関係の深かった百済や加耶(かや)と呼ばれる地域から多く…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです