メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

空気の精は白いカルメン=斉藤希史子

シルフィードを踊る田北志のぶ(前)=ユリア・パベジンスカヤ撮影

 ロマンチック・バレエの代表作「ラ・シルフィード」が東京・新宿文化センターで26日夕、抜粋上演される。シルフィードとは仏語で「空気の精」。この世ならざるものを好んだ19世紀ロマン主義の申し子で、トーシューズが駆使された最初の作品でもある。だが同時期の「ジゼル」に比べ、上演頻度は低い。

 理由の第一は、同工異曲の存在だろう。「本家」は1832年、パリ・オペラ座で初演され旋風を起こした。デンマークの振付家ブルノンビルが自国での上演を願うも許されず、やむなく新曲を使って4年後に自力で制作。この版が現代に伝わり、いわば「元祖」となっている。一方、パリではバレエが廃れ、レパートリーから消えたが、本家の威信をかけて1972年、振付家ラコットが復元した。いずれアヤメかカキツバタ。似て非なる姉妹が混乱…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです