メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 自民、過半数は維持 重鎮落選の波乱も /青森

 統一地方選の前半戦である県議選(定数48)の投開票が7日行われ、無投票当選の6選挙区8人を含む48人の新たな顔ぶれが決まった。無投票を除く10選挙区(40議席)の開票の結果、自民は現有31議席を割り込んだが、単独過半数(25議席以上)は確保した。ただ、東津軽郡区で党県連幹事長の現職が落選するなど、今夏の参院選に向け課題を残した。立憲民主は初議席を獲得した。

この記事は有料記事です。

残り2439文字(全文2619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです