メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもノンフィクション文学賞

特別賞に仙台二華中高・井崎英里さん カエルの観察つづる /宮城

 全国の小中学生を対象とした「第10回子どもノンフィクション文学賞」(北九州市主催)で、仙台二華中高の高校1年、井崎英里さん(15)=受賞時・中学3年=の「晴れ 時々 かえる ~えりとぴょんきちの物語~」が中学生の部の選考委員特別賞(那須正幹(まさもと)賞)に輝いた。

 仙台市内の丘陵地帯の新興住宅地に引っ越してきた幼少期の「えり」はある日、1匹のヒキガエルと出合う。たびたび自宅の周りで見かけたこのカエルをいつしか「ぴょんきち」と名付け、小学1年の夏休みから作文という形で観察を始めた。作中では過去に書いた作文を引用して、ノンフィクションにまとめた。

 ぴょんきちを記録し続けていると、いつしか家族も関心を寄せるように。姉の同高2年、英乃(あやの)さん…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです