メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選/名古屋市議選 県議選、自民が過半数維持 共産は議席失う 名古屋市議選、減税躍進14議席 /愛知

 7日投開票の統一地方選前半戦の県議選(定数102)は自民が単独過半数を維持し、旧民進系の地方議員でつくる「新政あいち」の推薦を受けた候補者も健闘。共産は前回12年ぶりに獲得した議席を失った。同じ日程の名古屋市議選(同68)では自民が最大会派を守る一方で、地域政党・減税日本が改選前8議席を大きく上回る14議席を獲得。党としては自民に次ぐ議席数となり、復調の兆しが見えた。投票率は県議選37・01%、名古屋市議選32・87%でいずれも過去最低だった。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1899文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです