メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

知事選 丸山氏、接戦制し初当選 保守分裂勝ち抜く /島根

島根県知事選で当選が確実になり、万歳する丸山達也氏(中央)=松江市千鳥町のホテルで2019年4月7日午後10時、前田葵撮影

 統一地方選の知事選と県議選は7日、投開票された。現職の溝口善兵衛知事が引退を表明し、無所属新人4人が立候補した知事選は自民県連が割れて44年ぶりの保守分裂となり、与野党の県議が推す元総務官僚で県政策企画局長も務めた丸山達也氏(49)が自民推薦の元消防庁次長、大庭誠司氏(59)ら3人を破って初当選した。前安来市長の島田二郎氏(65)と市民団体会長の山崎泰子氏(57)=共産推薦=も及ばなかった。人口減少対策や島根原発へのスタンスなどが問われるはずだったが、明確な争点は見いだしにくかった。当日有権者数は56万4244人(男26万7014人、女29万7230人)。投票率は62・04%(前回59・56%)だった。【根岸愛実】

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1871文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです