連載

社説

社説は日々、論説委員が議論を交わして練り上げます。出来事のふり返りにも活用してください。

連載一覧

社説

維新が大阪ダブル選勝利 議会同意得るまで丁寧に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 統一地方選、前半戦の投票が行われた。焦点だった大阪府知事・大阪市長のダブル選挙は、地域政党「大阪維新の会」が二つとも制した。

 これにより知事と市長のポストが入れ替わり、吉村洋文氏は府知事に、松井一郎氏は市長にそれぞれ就任する。2人は大阪市を解体し、特別区に再編する「大阪都構想」の実現に再び取り組む見通しだ。

 都構想をめぐる公明党との協議が決裂したことから、維新が局面打開を図って選挙を仕掛けた。松井、吉村氏が今後4年の任期を確保しようとポストを入れ替える奇策だっただけに、その手法も争点になった。

 都構想の是非を有権者に迫る形で行われた選挙である。党略を割り引いても、都構想に対して、府民から一定の理解が示されたとみるべきだろう。橋下徹氏以来の行財政改革への評価など、維新勢力への大阪での支持の根強さも再確認された。

 自民など他党は事実上の統一候補を擁立したが、及ばなかった。自民は大阪での組織力の脆弱(ぜいじゃく)さが改めて浮き彫りになった形だ。

 選挙結果を受けて松井氏らは、大阪市民らの信任が得られたとして、住民投票の実施に向けた動きを加速させることだろう。

 だが、住民投票を行うためには府議会、大阪市議会の同意が必要なことに変わりはない。府市の両議員らで構成する法定協議会で制度案をつくり、両議会が可決する手続きだ。

 橋下大阪市長時代に都構想は一度、住民投票で否決されている。もし再度判断を仰ごうというのであれば、住民が納得できるような改善した案となるよう、議会での合意形成に万全を期すべきなのは当然だ。

 ダブル選では、都構想の具体案まで示されて有権者が判断したわけではない。吉村、松井両氏は新たに4年の任期を得た。議論に十分な時間を割くことは可能であろう。

 都構想をめぐる協議はこれまで相手への非難ばかりが飛び交い、冷静な政策論争とは遠いものだった。

 勝利したとはいえ、維新が今回駆使した「目的のためには手段を選ばぬ」手法が承認されたわけではない。民主主義はプロセスが重視されるものであり、とりわけ地方自治において、首長と議会が車の両輪であることを忘れてはならない。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集